ドッグフードの選び方 犬のサイズで選ぶ

犬のサイズによるドッグフードの選び方

更新日:

犬のサイズによる分類の必要性

いろいろな犬

サイズの違いでそれぞれに適したドッグフードの特徴も変わってくるので、まずは愛犬がどのサイズなのかをしっかりと確認することから始めてください。

  • 大型犬
  • 中型犬
  • 超小型・小型犬

まずは愛犬が上記3種類のどれに当てはまるか確認してください。

ドッグフードは犬のサイズによってそれぞれ種類分けされています。何故かというと、犬のサイズによって必要なカロリーや栄養素が調整されているからです。また、ドッグフードの形状も異なるので食べやすい形状のものを選んであげる為にもサイズを確認しておくことが必要です。

正直、私はそれほど神経質になる必要はないと思っています。「メーカーの販売戦略」としてわざわざ種類を多くしているなんて声も良く聞きますし

ですが、人間は大柄な人と小柄な人で栄養素を調整したりはせず、調整は食べる量で行っていますが、犬の場合は大型犬と小型犬では何倍もサイズが変わってくるわけですから、確かに必要な栄養素は変わってきます。

犬のサイズによって適切なドッグフードが分かれているということは意識しておいた方がいいでしょう。

犬のサイズの目安

犬のサイズというのは明確に定義づけされているものではありません。

犬種によってある程度サイズは決まってきますが、基本的には体重で管理するのが一般的です

雑種犬も体重で分類すればわかりやすいですね。

  • 超小型犬 2~3kg
  • 小型犬 10kg以下
  • 中型犬 10~25kg
  • 大型犬 25kg~40kg

小型犬のドッグフードの選び方

小型犬に多い食いつきムラ

小型犬は犬の種類の中でも食べムラが多い種類になります。

選んだドッグフードが例え高額なものであっても食べてもらえなければ意味がありません。

特に小型犬に関しては食いつきが良いドッグフードを選ぶことが大事なポイントになります。

食いつきの点からすると、肉類を多く使用しているドッグフードを選ぶと良いです。

犬は結構何でも食べるので雑食とも思われがちですが、本来は肉食です。できるだけ主原料に肉が記載されているものを選びましょう

成分表示は多く含まれているものから順に記載されていますので、第3位くらいまではなるべく肉類が多く記載されているものを選びたいですね。

旨み成分が配合されているドッグフードなどでは穀類が含まれていても好んで食べることもありますが、それは注意した方が良いです。犬は穀物類の消化が苦手なので、体調を崩すこともありますし、アレルギーの原因になる可能性もあります。

個体差もあるので難しい部分もありますが、基本的にはなるべく肉類を使用しているドッグフードを選び、愛犬の食いつきなどを良くチェックして最適なドッグフードを選んであげてください。

小型犬でも食べやすい大きさを選ぶ

小型犬は他のサイズの犬に比べて口やアゴが小さいです。ドッグフードを選ぶ時は噛み砕きやすいサイズの粒になっているドッグフードを選ぶようにしてください。

小型犬は歯垢や歯石のトラブルが比較的多く、歯磨き効果もある噛み砕くという行為が非常に大事になります。ドッグフードには小型犬でもしっかりと噛み砕くことができるサイズにしてあったり、サイズだけでなく噛み砕きやすい形状にしたりなど様々な工夫がされています。

歯のトラブルだけでなく消化器官への負担も軽減することができるので、噛み砕きやすいサイズや工夫が施されているドッグフードを選んであげてください

犬種用のドッグフードは必要か?

小型犬は、他のサイズの犬種に比べて犬種別でのドッグフードが多く展開されています。(チワワ用やダックス用など)

犬種別ドッグフードは、その犬種に必要な栄養素はもちろん、なりやすい病気などを考慮して作られているはずですが、市販の中にはそもそもドッグフードとしての品質が悪い物も多々あります。

自分の愛犬用のドッグフードがあれば安心して購入してしまいがちですが、主原料に何を使用しているか、噛み砕きやすい粒(キブル)になっているかの2点はしっかりと確認してあげてください

小型オススメ
小型犬のおすすめドッグフード

小型犬のおすすめドッグフードをまとめました。 愛犬のドッグフード選びの参考になれば幸いです。 おすすめの中でも簡単に3段階に評価分けしてみました。 「◎(とても良い)」 「○(良い)」 「△(ふつう) ...

中型犬のドッグフードの選び方

中型犬というのは小型犬用や大型犬用のドッグフードと比べて、「自分の愛犬に合ったドッグフードが見つけにくい」とされています。

その理由は中型犬の目安が10kg~25kgと幅が広く、「小型犬に近い中型犬」「大型犬に近い中型犬」が存在する為、その境界にあたるワンちゃんの場合に悩むことが多いですね。

中型犬のドッグフード選びのポイントとしては、下記の2点が挙げられます。

  • コストパフォーマンス
  • 栄養素

コストパフォーマンス

犬の寿命は10年以上あります。

長い間犬を飼う上で重要になるのがドッグフードのコストパフォーマンスです

飼い主であれば誰もが愛犬に良質なドッグフードをあげたいと思いますが、いつも高級なドッグフードばかり与えられるというわけではありません。なるべく安くドッグフードを購入したいという気持ちもありますが、安さだけをポイントにしてしまうのもちょっと不安ですよね。

中型犬は運動量が多く活発な犬種が多いです。その為に必要な筋肉の維持や体重管理などが重要になります。

そうなると必然的に高たんぱくで適度な脂質を含んだドッグフードを選ぶことになります。それに加えて中型犬にとって重要な栄養素も含んでなければいけないので、その条件を満たしつつリーズナブルなドッグフードを選ぶ必要があります。

中型犬の中でも体重10kg前後の小型犬に近い犬種であればそこまでコストパフォーマンスを気にしてドッグフードを選ぶ必要はありませんが、チャウチャウやボーダーコリーといった大柄な中型犬は特にコストパフォーマンスに注意してドッグフードを選ぶ必要性があります

中型犬に必要な栄養素

中型犬は運動量が多いので、高い運動能力を発揮する筋肉を維持する為の、たんぱく質やバランスの取れたビタミン・ミネラルが必要になります。また、毎日の運動量が少ない場合は太りやすくなるので、脂質にも配慮する必要があります。

たんぱく質やビタミン・ミネラルなどの栄養素は中型犬用で販売されているドッグフードであれば基本的に考慮されています。

抗酸化作用が重要

中型犬は運動量が多いので、運動した時に体内で作られる活性酸素に対して対策を取る必要があります。活性酸素は細胞の酸化を早める、つまり老化を進める作用があります。それによって免疫力の低下などに繋がることになります。

この活性酸素対策として、抗酸化ビタミンであるビタミンA・ビタミンC・ビタミンEをしっかりと配合したドッグフードも多くあります。これによって細胞の酸化を弱めることができるわけです。

中型犬用のドッグフードを選ぶ時は、抗酸化成分や免疫力などに配慮されたドッグフードを選ぶようにしましょう。

食いつきも考慮する

中型犬は適度に運動をさせてあげていれば、小型犬ほど食いつきムラはありませんが、やはり食べてくれなければどんなドッグフードを選んでも意味がありません。

価格は多少割高にはなりますが、原料に肉類を多く使っているドッグフードを選ぶようにすれば、食いつきが悪く無駄にする可能性を減らすことができます。

犬は穀物よりも肉類への食いつきが良いということを意識しておくと良いでしょう。

中型オススメ
中型犬のおすすめドッグフード

中型犬のおすすめドッグフードをまとめました。 中型犬は小型犬に比べて与えるドッグフードの量も増えてくるので、コストパフォーマンスにも気を使いたいところですね。 おすすめの中でも簡単に3段階に評価分けし ...

大型犬のドッグフードの選び方

大型犬は丈夫な印象があるかもしれませんが、大きな体を支える為関節への負担が大きく、体に血液を行き渡らせないといけない為、心臓への負担も大きい種類です。

また、消化器官も敏感で胃に負担がかからないように気をつける必要があります。

大きくても意外と繊細である犬と理解しておいてください

そして食事の量も多いので、長く飼うことを考えると特にコストパフォーマンスが非常に重要になってきます。

大型犬のドッグフード選びのポイントとしては、下記の2点が挙げられます。

  • コストパフォーマンス
  • 栄養素

コストパフォーマンス

大型犬の場合は小型・中型犬と比べると食べる量が多いので、必然的に購入するドッグフードの量も多くなります。

量に関して大まかに計算すると、体重1kgのチワワが40g必要なのに対して体重50kgのグレートピレニーズだと730gもの食事が必要になります。

小型犬の約18倍ものコストがかかるのです。

別の言い方にすると、大型犬を1頭飼うコストは小型犬18頭飼うことと同じということですね。

凄いですね!

とはいえ、安さだけでドッグフードを選ぶのは不安ですので、必要な栄養素を含んだドッグフードを選ぶようにしてください。

大型犬に必要な栄養素

冒頭でも述べましたが、一見丈夫そうな大型犬ですが、その大きな体を支えるために関節や心臓への負担が大きいので、そこをサポートしてくれる栄養素を含んだドッグフードが必要です。

それに加えて大型犬は消化器官が意外と敏感です。子犬用ドッグフードのように高たんぱく・高脂肪のドッグフードを与えてしまうと下痢になりやすく、皮膚の疾患にも影響を及ぼす場合もあります。

「大型だから」という理由で過剰な栄養を与えてしまうのは良くないので、適切なドッグフードを選んであげる必要があります。

食いつきが悪かった場合の悲劇

食いつきが悪かったり食べてくれないとなると、用意したドッグフードが丸々無駄になってしまう可能性があります。

大型犬のドッグフードの場合、どうしてもまとめ買いをしたくなりますが、最初はなるべく小さめの内容量のドッグフードにするようにしましょう。

問題なく食べくれることを確認してから継続すれば、無駄を最小限にすることができます。

メーカーによってはサンプルを用意している場合もあるのでチェックするようにしてみるといいかもしれません。

カルシウムの与えすぎに注意

大型犬は体格が大きい為、骨格を維持する為にカルシウムが多く必要と思われていることが多いです。

たしかに小型・中型犬に比べるとカルシウムは多く必要になりますが、飛び抜けて多く必要なわけではありません。

子犬期の大型犬はカルシウムは与えただけ吸収しようとするので、ここで必要以上のカルシウムを与えてしまうと骨や関節など骨格の異常形成に繋がる場合もあるので注意が必要です。

大型オススメ
大型犬のおすすめドッグフード

大型犬のおすすめドッグフードをまとめました。 大型犬は小型犬や中型犬に比べて与えるドッグフードの量がかなり増えます。 コストパフォーマンスを重視するのはもちろんですが、大型犬はそのサイズが故に関節や心 ...

 

ドッグフードの選び方 モグワンの口コミ ホーム

 

モグワンドッグフード

愛犬の食事、
こんなお悩みございませんか…?
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ドライフードは添加物が心配
◎手作り食だと栄養バランスが偏ってしまう
◎本当は手作りしたいけど時間がない
◎何匹も飼っているからフード選びが大変

 商品名  モグワンドッグフード
 種別  ドライフード
 価格  単品 3,960円(税抜)
 対応犬種/年齢  全犬種/4か月~
 内容量  1.8kg
 生産国 イギリス 

モグワンおすすめ記事

1

グレインフリー、無添加、ヒューマングレードの新しいドッグフードが誕生しました。 その名も「モグワンドッグフード」。 大人気のカナガンドッグフードを販売してきたレティシアンが開発したということで、 販売 ...

2

目次モグワンドッグフードを購入した理由は「手作りレシピ」モグワンドッグフードの評価モグワンドッグフードが届きました。モグワンとカナガンの形状比較モグワンとカナガンの匂い比較モグワンドッグフードは野菜や ...

3

2018年10月、人気のモグワンドッグフードで半額キャンペーンが開催されました! 過去には1000円(25%)割引キャンペーンが開催された時もありますが、 今回はなんと、半額です! 期間限定のキャンペ ...

-ドッグフードの選び方, 犬のサイズで選ぶ
-, , , ,

Copyright© モグワンドッグフードの口コミサイト , 2018 All Rights Reserved.