ドッグフードの選び方 原材料で選ぶ

贅沢病?犬の食欲が無くて心配?な時に試してみたいオススメの鹿肉ドッグフード

更新日:

Antranias / Pixabay

食い付きに関するよくある悩み

  • 犬の食欲が無くて心配。
  • どんなドッグフードを与えても食いつきが悪い。
  • 贅沢病なのか本当に病気なのかわからない。

ワンちゃんを飼っている方によくある悩みですね。

正直、私は犬なんてのは「ご飯」と「散歩」が唯一の楽しみなんだから、ごはんを残すなんてことはとても信じられないと考えていました。

実際、私が昔飼っていたビーグル犬はとても食欲が旺盛で、「ごはんを食べない」「ごはんを残す」なんてことはありえませんでした。おかわりを要求する犬をなんとかなだめる方法をいつも考えていたくらいですから。

しかし、最近の傾向なのかわかりませんが、「ごはんを食べない」「食いつきが悪い」などで、ドッグフード選びに悩んでいる話を聞きます。

そして現在私が飼っている犬も小さい頃は非常に食いつきが悪かったのを実感しています。

また、最近会社の上司が犬を飼い始めたのですが、食い付きが悪いと非常に悩んでおりました。

 

食い付きが悪いのはMIX犬に多い?

私の経験上でありますが、食い付きが悪いと聞いた場合に、ある共通の条件があります。

それはMIX犬であるということです。

私の飼っている犬も上司が飼い始めた犬も実はMIX犬なのです。

特にプードルが入っているという点で共通点がありますね。

 

プードルが悪い、MIX犬が悪いということではありません。

私の経験上、そういう傾向があるような気がしているということです。

「食いつきが悪い」というのも昔はあまり聞いたことがなかったので、MIX犬が増えたことと関連があるような気がしています。

MIX犬は健康上問題があるというわけではなく、「食に興味が薄い」傾向があるのではないでしょうか?

私の飼っている犬も食いつきが悪い時が良くありますが、そういう時でも元気が無いわけでもなく、良く遊ぶし健康的に育っています。

ですので、食い付きが悪いからといっても、あまり心配し過ぎ無くてもいいかと思います。

 

病気か贅沢病か見極めるのに最適な鹿肉ドッグフード

飼い主にとって心配なのは、「病気なんじゃないか?」と思ってしまう所にあると思います。

でも、実は餌のやり方に問題があることが多いのです。

犬が食べないからといってドッグフードを餌皿に入れてまま放置していたりしませんか?

その場合、犬は自分の好きな時に食べれば良いと勘違いしてフードを与えた時に気が向かなければ食べなくなります。

決められた時間に食べなかったら、片付けるように心掛けましょう。

1回フードを食べなかったからといって、どんどん高級なドッグフードを与えたりしてませんか?

その場合、我慢すればおいしい物がどんどん出てくると勘違いしてしまいます。

いわゆる「贅沢病」ですね。

 

病気なのか贅沢病なのかを診断する為に一番有効なのが、「鹿肉」です。

鹿肉は犬にとって最大のご馳走なので、どんなに贅沢病な犬でも必ず(とは言い切れませんが)食べてくれるはずです。

鹿肉は高級なので毎日与える食事としてはコスト的に一般人の私から見てオススメできませんが、贅沢病か見極めたい時や愛犬の誕生日等にご褒美としてあげるドッグフードとしてオススメです。

犬の大好物である鹿肉の特徴

何故鹿肉が良いかというと、犬の先祖であるオオカミにとって最大のご馳走だったのが「鹿肉だからです。

では何故鹿肉がご馳走なのでしょうか?

犬は本来肉食動物であるから、鳥、豚、牛でも良さそうです。実際これらの肉を含むドッグフードが大半です。

 

鹿は他の動物と比較して体温が5℃程度高いことがわかっています。

体温が高いと寄生虫や雑菌が繁殖しにくくなる為、野生で生きていたオオカミは知ってか知らずか、鹿肉を好んで食べていたのです。

また、栄養面の方でも鹿肉は他の動物の肉と比較して「低脂肪」「高たんぱく質」という特徴があり、これが犬の体に相性が抜群な為、最高のご馳走と言われる所以です。

鹿肉を与える際の注意点

犬にとって最高においしいのは生の状態の肉です。

しかも、加熱すると失われてしまう「酵素」を多く含んでいます。

酵素は消化や栄養吸収を良くするだけでなく、免疫力を高めたりする効果が非常に大きいです。

ですので、「生の鹿肉」を与えることが犬にとって一番のご馳走になります。

 

しかし、その反面、「生」であることのリスクもあります。

鹿肉は他の肉に比べて雑菌や寄生中が少ないですが、ゼロではありません。

冷凍管理、流通管理がしっかりしていないとリスクが伴うので、注意したいところです。

オススメの鹿肉ドッグフード

鹿の匠丹波 生肉

評価:◎(非常に良い)

対象:全犬種/全年齢用

価格:鹿1頭 10、800円

 

鹿肉で有名な「鹿の匠丹波」

鹿1頭分がまるまる楽しめるのが特徴です。

肉はそのまま与えても良いですし、他のドッグフードに付け足してもトッピングとして合います。

内蔵は見た目が苦手な人もいるかもしれませんが、犬にとっては栄養満点のご馳走です。内蔵もそのままあげて良し、トッピングにしても良しです。

骨付き肉は噛むのが好きなワンちゃんに最適ですね。

毎日の食事用としては高いですが、たまのご褒美としてとても良いです。

我が家の犬は誕生日にいつも購入しています。

エゾ鹿生肉ミンチ(小分けトレー) 生肉

評価:◎(非常に良い)

対象:全犬種/全年齢用

価格:3kg 9、400円

 

エゾと言えば、丹波と同様に有名ですね。

犬用となっていますが、元々は人間用として仕入れいてる良質な肉です。

小分けトレーになっているので、管理もし易く使い勝手がとても良いですね。

全てミンチになっているので、小型犬でも食べ易いのが特徴ですね。

 

DOG STANCE

評価:△(普通)

対象:全犬種/全年齢用

価格:1kgあたり3,456円

生肉ではなくドライフードタイプの鹿肉ドッグフードです。

無添加で良質なドッグフードで、特に高齢犬に人気です。

ちょっと高価であることから私にとっての評価は△ですが、300gのお試し品もあります。
国産無添加鹿肉ドッグフード「DOG STANCE」
獣医師が愛犬のために開発。お試し¥980。

 

ドッグフードの選び方 モグワンの口コミ ホーム

 

モグワンドッグフード

愛犬の食事、
こんなお悩みございませんか…?
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ドライフードは添加物が心配
◎手作り食だと栄養バランスが偏ってしまう
◎本当は手作りしたいけど時間がない
◎何匹も飼っているからフード選びが大変

 商品名  モグワンドッグフード
 種別  ドライフード
 価格  単品 3,960円(税抜)
 対応犬種/年齢  全犬種/4か月~
 内容量  1.8kg
 生産国 イギリス 

モグワンおすすめ記事

1

グレインフリー、無添加、ヒューマングレードの新しいドッグフードが誕生しました。 その名も「モグワンドッグフード」。 大人気のカナガンドッグフードを販売してきたレティシアンが開発したということで、 販売 ...

2

目次モグワンドッグフードを購入した理由は「手作りレシピ」モグワンドッグフードの評価モグワンドッグフードが届きました。モグワンとカナガンの形状比較モグワンとカナガンの匂い比較モグワンドッグフードは野菜や ...

3

2018年10月、人気のモグワンドッグフードで半額キャンペーンが開催されました! 過去には1000円(25%)割引キャンペーンが開催された時もありますが、 今回はなんと、半額です! 期間限定のキャンペ ...

-ドッグフードの選び方, 原材料で選ぶ
-,

Copyright© モグワンドッグフードの口コミサイト , 2018 All Rights Reserved.